読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヌッ

適当

新宿で飲んでたのに気づいたら山梨にいた話

数週間前のこと

 

その日僕は新宿で飲み会を終え,友達と中央線に乗って最寄り駅の豊田駅の方へ向かっていた.

が,気付いたら駅員さんに「終点ですよ」と声をかけられ電車を降りた.

降りた駅は大月駅.普段見ない駅なので「"ちょっと"乗り過ごしたか」と思った.

 

終電というアナウンスが聞こえたので僕は「しょうがない,タクシー使ってしまうか」と駅前のタクシーに乗って近くの大学の名前を言った.

すると運転手は「…は?それだと二万円ぐらいかかりますよ.ちょっと考えてから乗ってください」

と,呆れて言われてしまった.

 

上京してから新宿で友達と遊ぶことは何度かあって,

新宿から自宅方面に行く電車は大体立川,豊田,八王子,高尾が終点であった.

なので僕は「大月…聞いたことないけれど高尾の次くらいの駅だろう」とたかを括っていたのだ.

 

しかしそれが大きな間違いであることに気付いたのはスマホで編入生同士のLINEを見てからだ.

一緒に帰ってきた友達がこう発言していた.

「ウッディくん,ビンタして起こしたけど全然起きなかった.山梨の方まで行っちゃったかも…」

や,山梨!?

 

実際のところ大月高尾間は新宿高尾間並の時間がかかるぐらい遠い駅である.

 

僕は次にこう考えた

「仕方がない,カラオケとかネカフェで一晩休もう」

そう思ってスマホで検索する.

無い

編入生の友達で山梨出身の友達が

「マジでど田舎だからさ~」

みたいなことを言っていたのは本当だったのだ(超失礼)

タクシーのための金を降ろそうにもコンビニもない.

僕は休む場所すらなかったのだ.

 

もう僕には駅の座るスペースで寝るしか道は無かった…かに思えた

酔って電車でぐっすり寝た僕は全く眠くなかった.

眠くもないのに同じところで何もせずに始発を待つのは嫌だ.

この時間をもっと有効に使わねばと僕は考えた.

「そうだ,次の駅まで歩こう」と

 

僕は"少し"お腹に脂肪が乗っていて常々痩せなくてはと考えていた.

そのためここ最近はことあるごとに近辺を歩き回っていたのだ.

つまり次の駅まで歩けば電車賃は安くすむしダイエットにもなる.

まさに一石二鳥なのだ!

ちなみにこの話をしたら友人に

「始めから乗り過ごさなければ電車賃かからなかったのでは」

とツッコまれたのは内緒だ.

 

残り少ないスマホを充電を確認し出来るだけ一本道のルートを探す.

どうやら国道20号線沿いを進めば良いということがわかった.

こうして僕の早朝おさんぽが始まったのだ.

 

しかし駅から離れるにつれ山の中の道路に入っていった.

ここ国道だよな?と確認しつつ進む.

このとき深夜一時半.

暗く人気が無い道をひたすら歩いた.

車は結構通っていた.

そうして大月の隣駅のあたりに着いた.

午前二時.眠くもないし余力はまだまだある.

始発は六時過ぎだ.

僕はいけるところまで歩いて行くことにした.

 

歩道が無いので車道のすぐ隣を進む.

段々空が白んでくる.

写真に撮りたいぐらい綺麗な景色だったけれど,

スマホの充電が惜しいので我慢する.

 

早朝六時頃,四方津駅に着く.

まだ始発まで時間はあるし,ほぼノンストップで来たが足も全然疲れてない.

もう一つの次の駅,上野原駅まで歩くことにした.

ここが一番地獄だった.

完全に朝になって道はよく見えるが,市街地に入って逆に道が分からなくなってしまったのだ.

スマホの充電もついに底をついた.

最後に見たマップを頼りに歩いた.

道があってるのかどうかもよく分からず歩き続け,

一気に足に疲れを感じるようになった.

 

段々人が増えてきた.おじいさんおばあさんが多い.

人に道を聞こうとしたが正直お年寄りだと面倒臭そうと思ってしまい聞かなかった.

結局恐らく4,50代ぐらいのおじさんに道を聞いた.

「このあたりは初めて?」と聞かれ

「そうです」と応えた.

とてもじゃないが

「酔っ払って電車寝過ごしてそっから歩いてきた」

とは言えなかった.

 

しかし言われた方向へ歩き続けても全然見つからず

「あのおじさん間違ってんじゃねえか?」と疑いをかけてしまった.

車道の標識を見てまた道を考えなおそうと思ったその時,

「この先,上野原駅」という文字を見つけた.

もうすぐゴールだ!という確信がもてた.

近くに線路を見つけ,そっちの方向へ向かう.

駅を見つけた.

このとき午前七時.

計五時間半の山梨旅行を終え電車に乗って自宅へ向かった.

そして自宅に着いてちょっとTwitterしてから寝た.

 

 

実際乗り過ごしたのは不幸だったが,この早朝おさんぽ自体は割りと楽しかった.

一人でずっと歩くのはストレス解消にもいいかもしれない.

ただ迷子になるのはめちゃくちゃ不安になってストレッサーになってしまうが.

 

この経験で僕は,

四時間ぐらいは歩き続けても平気.

新宿は怖いところ.

ということがわかった.

 

なおこの話を東京高専出身の友達に話したところ,

彼らはチャレンジウォークといってフルマラソン並みの距離を

夜通し八時間ぐらいかけて歩くイベントがあるとのこと.

東京高専は怖いところだと思った.